歯科麻酔QA-1

麻酔で気分が悪くなったり、吐き気や動悸を感じたりすることがあるので治療が心配です。

歯科の麻酔には、ごく微量に血管を収縮させるエピネフリンという薬が入っています。
麻酔を打ったあと、健康な人でも若干脈拍が上がり、人によっては強い動悸のように感じられる場合があります。
また、立っていられないほど気分が悪かったり症状が重い場合は、
極度の緊張からくる神経性ショックの可能性と、麻酔アレルギーのどちらかが考えられます。過去にそういった経験がおありで不安に思われているようでしたら、治療にかかる前に歯科医師に相談してください。

This entry was posted in 歯の話, 歯科の麻酔 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.