歯科で使う麻酔の種類

歯科治療で使われる麻酔は、主に全身麻酔・笑気麻酔・局所麻酔の3つがあげられます。
全身麻酔は大きな外科手術で使われ、一般の歯科医では笑気麻酔・局所麻酔のどちらかが患者さんの症状や体質、体調などにより使用されます。
局所麻酔で注射針を刺すときの痛みを減らすため、歯科医では、あらかじめ注射を手のひらや専用の機械で温めたり、注射をする部分に麻酔薬を塗る(表面麻酔)など、工夫して痛みをとる場合もあります。

This entry was posted in 歯の話, 歯科の麻酔 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.