◆リラックス効果

血管の収縮や拡張を調整する自立神経は、交感神経と副交感神経の2種類があり、
この2種類がバランスよく働くことで心や体がスムーズに働くようコントロールしています。
心身ともにリラックスして疲れが取れるのは、副交感神経の働きが活発になっている時です。
副交感神経を活発にするには、40℃位のお湯で15~30分の半身浴が効果的で、アロマオイルや入浴剤の香りで神経を刺激すると更に高い効果が得られます。

This entry was posted in 健康のお話, 冬の入浴 and tagged , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.