体に負担をかけない入浴

●入浴前後に水分補給をすることで、血管のつまりを防ぐ
●脱衣所は暖房、浴室は壁や床にお湯をかけて室温差を減らす
●かけ湯をして体をお湯に慣らしてからゆっくり浴槽に入る
●お湯の水位はみぞおちのあたりまで
●38~40℃位のお湯で15~30分を目安に入る

This entry was posted in 健康のお話, 冬の入浴 and tagged , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.