入浴時に注意したいこと3

◆水位
肩まで浸かる全身浴は、水圧で肺や心臓が圧迫されて負担がかかります。
呼吸器や心臓の持病のある人は全身浴は避けましょう。

◆薬の服用
降圧剤や咳止めなど、薬の種類によっては服用後の入浴が禁止されているものがあります。
薬をもらう時に、入浴を控えるべきかどうか薬局で確認を忘れずに!!

This entry was posted in 健康のお話, 冬の入浴 and tagged . Bookmark the permalink.

Comments are closed.