入浴時に注意したいこと2

◆お湯の温度
40℃以上のお湯に浸かると血圧が上昇して血管に負担がかかるため脳出血を起こしたり、
汗をかくことで血液中の水分が減少してドロドロになり、血管がつまりやすくなって、
その結果脳梗塞や心筋梗塞を起こしやすくなります。
若い人はそんなに気にしなくても良いのですが、40歳を過ぎたら要注意。

This entry was posted in 健康のお話, 冬の入浴 and tagged , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.