歯科麻酔-QA2

麻酔を何本も打っている気がするけど、どうして?

上あごは骨の密度が荒く麻酔薬が浸透しやすいので麻酔が効きやすいのですが、下あごは骨が密なので、一般的に麻酔は効きにくく、特に奥歯は麻酔を打つ回数が多くなる場合があります。
また麻酔薬は、歯茎に炎症が起こり局所が酸性になっている状態の場合も効きにくくなります。
効きが悪いなと感じたら、体に悪いから・・・と我慢せずに遠慮なく先生に伝えてください。
また、歯の周辺は組織が密で注射の痛みを感じやすく、骨の中の神経に薬が作用するまで時間もかかることから、注射を何回かに分け少しずつ薬を注入する場合もあります。

This entry was posted in 歯の話, 歯科の麻酔 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.